モドル
About   Gallery   Novel   Diary     

Gallery Update Log>>>    (more)

Diary Update Log>>>    (more)
3dsll.jpg DSC_0122.jpg DSC_1606-1.jpg DSC_1601.jpg DSC_1521.jpg 161118pedal2.png Screenshot_2016-11-18-14-46-19.jpg CxH_IQxUkAAMYQ9.jpg DSC_1708.jpg DSC_1621-576x1024.jpg
ブルマーCosmic★Prison>Diary -

TOP > タグ > ブルマー

ブルマー

ブル喪

追悼本は取り敢えずamazonで3冊買いました。
 
来て開けて先ず読もうと思って読んでたら、
早速イカの唐揚げを落っことして前小口に油を付けて仕舞いました。
けっこーショックだったけど3冊買ったから何とも無いぜ!
 
そもそも、イカ食いながら読むなよって話です。
神の追悼本なのになぁ。  だがしかし、イカはうまい。
 
 
 
 
神とか書いて、なんかうざくてごめんなさい。
訃報の時からですが、はっきり書くのがとにかくいやなんです。
現実を受け入れられてないのかも。 未だに。 蘭堂さんうざーい。
 
 
もう二次元のブルマーに心を動かされる事は一切無いと思います。 正直なところ。
いいなぁ、とは思うだろうけど、それだけで。 
 
心の整理が付いたら、自分でもまた描いてみたいとは思いますが。
当分は無理だと思ってたけど、もう知ってから半年は経つし、流石に落ち着いて来た。 かも。
 
 
 
 
 
神の受け売りじゃない、自分だけのブルマ道を見つけに行きたいと思う。
その内に。
 
あ、描く方の意味合いででは在りません。 もう最高峰の二次元ブルマーは完成してるんだから。
描かないって意味でも無いんですけど。 それは趣味の領域でって事で。
 
元々趣味なんだけどこう、上を目指さないと言うか目指せないと言うか。
その分野に於いては。 不可侵領域と言うか。
 
 
もう自分でも何言ってんのかわかんないよ!
とにかく私は傷付いてるんだからブルマーの美少女達が喜び組を組織して優しくしてくれよ!
してくださいよ!!
 
 
 
わたしはよこしまなので穴をあけるのがすきですう…。
誰も訊いてないのに性癖を暴露。  いやこれは別にいつもの事か。
後、臙脂色は赦します。  ティエリアに履かせるブルマーの色の事をいにちちいっかいは考えてる。
 
打ち間違えたのでもう今日は寝ます。





私はブルマーになりたい。

ブルマー物のAVだの何だので
ブルマーを脱がせて挿入して居られたりすると、

軽く殺意を覚えます。
 
 
 
セーラー服とかもね。 メイドも。 版権キャラもどき物も。

そんなもん脱がせてどうすんのさ、意味ねーじゃん!
こっちはわざわざ撰りに撰ってブルマーだの制服だのスク水だのをチョイスしてるって言うのに、
そんな時に全裸の女なんか見せられたって 「死ねばいい」 としか言えないよ!!
 
 
こちとら着衣モノが好きなんだよ!
 
 
単に全裸の女がハメてるだけで良かったら女優別で身体と顔の好みで選ぶよ。
そもそも和物は選ばないよ。
馬鹿じゃないの? ほんと馬鹿なんじゃないの!?
 
 
どちらかと言えば、
こんな事を声高に言ってる私の方が馬鹿みたいだな! うん知ってる!!
 
衣装を使って仕舞うと汚損したりして使い回しが利かなくなるとか、
そう言う大人の事情なのかも知れないですけどね。
 
 
と言うかですね、ブルマーに限っては脱がせるくらいなら挿入も要らないです。
 
そもそも完璧な存在で在るブルマーにエロ要素なんか必要無い。
ブルマーは良い。それがそこに在るだけでこの薄汚れた世界が浄化される。 そんな気がする。

私はブルマーになりたい。
あの洗練されたフォルムそれそのものになりたい。
そんで14歳くらいの美少女に穿いて貰うんだぁー…。
美少女の直穿きに美少女の尻の温もりに美少女の土手の膨らみ、なんて素晴らしいんだろう。
 
しかしやがて時は移ろい行き、少女は成長し、
ブルマーを穿く事も、自分がブルマーを穿いていた事さえも忘れて仕舞うだろう。
君が僕を穿かない事が哀しいのじゃ無くて君が僕を穿かないと思う事が哀しい。

だがしかしそれでいい。 それでいいのだ。
僕がタンスの奥で静かに劣化を待つのみの合成繊維の塊と成り果てたとしても、
あの日の君は永遠に輝き続ける。 僕の中で。
君を好きだった男子生徒の中で。 校庭を覗き見ていたエロ校長の中で。
 
そして月日は流れ、君は再び僕を見つけるだろう。
時は再び動き出す─…
 
⇒To Be Continued
 
 
 
 
 
 
あ、済みません、ちょっとブルマーになってました。
大丈夫です、素面です。 素面でコレです。 病気では在りません。
 
 
 
 
ああ、それでブルマー。
勿論、エロジャンルとしても需要は高いんですよ。 私の中で。
それとこれとは話が別って言うか。
 
挿入方法は、「穴を開ける」 一択ですが。
ずらして挿入はちんこが痛そうでなんか見ててイタタタタってなるので、
出来れば無機物で御願いします。





恋愛殺法ウール100

今日は、箱入り戦国無双を取りに行って来ました。
 
一応、早売りですが、
正規の発売日以降迄やる時間が無い身としては全く意味が無いです。
 
 
 
 
 
あ、済みません。
突然ですが今から自慢をします。 自慢をさせて戴きますから。
一生に一度在るか無いかの自慢なので、出来れば嫌がらずに読んで自慢されてやってください。
人助けだと思って。
 
 
 
 
あの、某雑誌の祝100号突破記念プレゼントで、
 
SABE大先生(と言うか、神)の色紙が当たりました!
 
 
 
…いや、当たったんですよ。 本当に。
 
直筆の、各先生1枚ずつのやつです。
これ迄雑誌の抽選と言えばテレカとかカードとかボールペンくらいしか当たった事の無い私は、
嬉し過ぎて逆にノーリアクションでした。
「あー、そう言や送ったなぁ、そうか、当たったか…」 みたいな。
 
でも、本当は死ぬ程嬉しいです。
だってこんな嬉しい事、在ってもどうリアクションしていいか解らないよ!!
 
 
しかし、よ、よく当たったなぁ…。
あたし、葉書代けちって投稿イラストの裏に無理矢理応募券貼って、
宛先住所との境が解らなくなるくらいごちゃごちゃとアンケート書いて出したのに……!!
 
字を綺麗に書くとかアンケートに世辞を書くとかの懸賞ジンクスは、
少なくともワニ様には通じないと言う事が判明しました。
 
 
 
取り敢えず、そんな訳であの100プレのブルマちゃんはあたしのものになった訳です。 超至福。
 
締切過ぎた汚いイラストでも載せて下さるし、
ブルマちゃんは寄越して下さるし、某誌は本当に素晴らしい雑誌です!
一生ついてくぞ!!!
 
 
 
 
 
そう言えば、
一緒に送られて来た当選の旨を伝える編集部様からのコピー手紙に、

「作家が心を込めて描いたものですので、
 売ったり捨てたり無くしたりは呉々もなさいませぬ様…」 と注意が在りました。
 
売るのは勿論書くべき事だと思いますが、捨てたり無くしたりも許されないんですね。
ちょっとした呪いのアイテムみたいで何だか素敵!!
 
 
 
当然、元から売る気も捨てる気も無くす気も無いですけどね。
 
あー、本当幸せだ!!!
今日から御本尊として毎日崇め奉ろう。





TOP > タグ > ブルマー

検索




連絡先
メールフォーム 
WEB拍手(コメント送れます)

トップページへ戻る
Cosmic★Prison





PR




アンケートモニター登録


Return to page top

モドル


mogura