モドル
About   Gallery   Novel   Diary     

Gallery Update Log>>>    (more)

Diary Update Log>>>    (more)
171006pedal.jpg DAwVr_LV0AQKGC_.jpg Screenshot_2017-10-16-16-46-36.jpg DSC_4957.jpg 3dsll.jpg DSC_0122.jpg DSC_1606-1.jpg DSC_1601.jpg DSC_1521.jpg 161118pedal2.png
Cosmic★Prison>Diary - 映画感想 のアーカイブ

TOP > 映画感想

映画感想 Archive

28週後…

テレビ放映やってた 28週後… を見ました。
 
もう何年か前の映画なのでネタバレ気にせず感想。
…と思ったけど別にネタバレするような驚愕の事実なんてものは無かったか。
 
 
 
因みに、前作 28日後… は過去に見てます。
 
バイオがハザードしてゾンビと戦っていた筈だけど本当の敵は人間だったぜ! トホホー!! みたいな話だったよね。
まぁ、そう言う話自体は多いけど、あれはちょっとゾンビの影が薄過ぎて、そう言う意味で面白かった。
 
後は割と普通でしたが、主人公が寝言で 父さん…>< って言ってたところがすきでした。
 
 
 
28週後… は今回初見でしたが、結論から言えばすごい眠くなりました。
パラノーマルアクティビティとそのパロディ映画達の次に眠くなった。
 
取り敢えず、ゾンビが出て来るシーン全般で画面が激しく切り替わってものすごいちらつくのが見辛くて気持ち悪かった。
なんであんなんなんだ。 ねむくなるじゃないですか。
 
 
 
あと、子供達を助けようとする狙撃兵がいいやつ過ぎて、気持ち悪い。
いいやつなんだけど、他人のガキ(+α)を自分の命を危険に曝してまで助けようとするの理解出来ない。
余裕が在るなら誰だろうと助けるのが人道だろうけど、あのゾンビパンデミック状態でそんな判断出来る?
撃たないだけでいいじゃん。
 
それでなんかきもちわるいからこいつ早く死なないかなーと思ったら、まぁ死んだんでそれはいいんですけど。
でも、あいつがその後ゾンビってガキ共かじっとけば前述の気持ち悪さも昇華出来たのに。
 
 
 
女医もわりといいこと言ってた(ゾンビウイルスに抗体を持つこの子供の命の方が私やアンタの命より重いのよ! みたいな)けど、
結局最終的には何も解決してないので、なんつーか、かわいそう。
 
 
 
ゾンビウイルスに対抗する術が在ったのかと思わせておいて、
28日後…、そこには元気に走り回るゾンビちゃん達の姿が! ズコーッ  みたいなラストで、それは面白かったですけど。
 
結局、あれは、ただキャリアのガキが更にフランスをも壊滅させただけなんですね。
そもそもあの女医さえ居れば感染段階でも拘束してつれてくくらいはしてくれただろうに。
 
結論だけ言えば、あの女医の命が一番重かったのでは無いか。
 
 
 
そもそも、
あのガキ共がウロチョロしなければ、例え誰かがウロチョロしたとしてもあのガキ共でさえ無ければ、今回のパンデミックも無かったのに。
 
 
 
 
 
あと、あの女医はいつの間にか居なくなってた気がするけど、きっとどっか私が寝てる時に死んでたんでしょうね。
ねむいっつっても本当にがっつり寝てた訳じゃないけど、やっぱちゃんとは見てなかったっぽい。
でも、ちゃんと見ても大体同じだと思うけど。
 
 
 
しかし、地上波でゾンビが見られる事自体が価値在る事なので、よかったと思います。
カットされてたのか、ゴアシーンはあまり無かったけど。
 
 
 
妻を置いて逃げるパパの逃げっぷりがいっそ清々しかったし。
あのパパだって別に悪人な訳じゃないし、理解と言う意味で言えば狙撃兵より余程理解出来る。
ガキ共パパをいじめんなよ。 そんなんすっから後生しつこくつきまとわれるんだよ。
 
 
まぁ、そんなガキ共だって、別に悪人では無いんですが。
全体的に、誰も悪人では無い映画だった。
 
 
 
 
 
 
そういや、来週の放映はHide and Seekだって書いて在った気がする。
あの私が憶えてるようで憶えてないようでわりと内容憶えてたアレ。
メンタル面が弱過ぎる父娘の話。 やっぱりいまいち憶えてないから見ようかと思います。 DVD持ってるけど。
少なくとも、28週後… よりは面白かったと思う。




ワイルドに吠えるぜ!

テレビ放映とレンタルで最近観た映画の短い感想が溜まってたので載せときます。
 
 
 
チャイルド・プレイ
・チャッキーかわいい。

壁の中に誰かがいる
・誰かがいるってレベルじゃない。
 
クリープショー
・漫画本を捨てられたと言うだけで父親を呪い殺すガキマジキチガキ。
 
ヴァンパイア・イン・ブルックリン
・「エディ・マーフィが出てるよ!」 と言うだけの映画。 手下の身体がどんどん腐れ落ちて行くのが面白カワイイ。
 
ポルターガイスト1~3
・作外の事はさて置き、ダナちゃん(主人公のお姉ちゃん)が2で存在自体を抹消されてた事に恐怖を感じた。
 
The Last House on the Left 2009年リメイク版
・邦題 「鮮血の美学」   でも、別に美学は感じられない。 ちんこは噛み千切らない。
 
 
 
 
物語でも現実でも、
娘がレイプされたらリンチしてミンチにしてレンチンしちゃってオッケーだろ? って言う、目には目(以上)をって言うのが、そんなにすきじゃない。
物語で在れば別にいいけど、理解したくないし、ありがちだし。 キチガイやクリーチャーがひたすら暴れてる方が理解出来るし。
自分自身、何かされたら百倍以上にして返したがる恨みがましい性格だから、恐らく同族嫌悪か。
 
でも、何をされてもレンチンでバーンしたくはならないよね。
色々した後は達磨にでもして元の生活に戻す方が自分だったらすっきりする。
殺したら思い出し怒りが来た時にこまるから後味悪いんじゃないかとも。 思うんだけど。
 
過度の心情が入るといろいろ考えちゃうじゃんって話。




死霊の盆踊WRYYYYYYYY!!!

死霊の盆踊りはけっこう好きです。
 
 
 
好きなんですが、ストーリーが何一つ理解出来てません。
 
 
闇? の…帝王? 的な人? が復活? して? 女達が踊る。 パイオツがゆれる。
 
あの女達の正体も今となっては憶えていない。 手下的な存在か。
だからそれがタイトルの死霊なのかも知れないなあとは思うんですが、確信は持てない。
闇の帝王(仮)はそれらをずっと見てる。 棒立ちで見てた気がするけどそれは全く憶えてないので違ったかも知れない。
でも、あれ墓場だよね。 座ってたなら椅子とか持って来てたのか墓石か何かに座ってたのか。 あ、椅子が在ったような気もしてきた。
いやそもそも墓場では無かった? いやいや墓場だよ。 それはどうでもいいわ。
 
 
 
たぶん中学生くらいの時に初めて観て、それ含めて最初から最後までかぶりつきで三回以上見たけどこの程度の認識。
そろそろまた観るべきかも。




ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (2005米 HIDE AND SEEK)

観た時はいまいちだったような気がしていたけど、
そんなものは比では無いようなクソ映画ばかりを日々観ているもので、
なんだかんだ面白かったなと相対的再評価を受けている作品です。
 
 
記憶は薄いですが、ストーリーはなんとなく憶えてます。 犯人はデニーロ。
どっちも多重人格って示唆されるオチなんですが。 あの父娘はちょっとメンタル面弱過ぎると思います。
家族の一人二人殺したり殺されたりしたくらいでそんなポンポン出るもんなんだろうか。 人格って。




らめええええ!ファイナルデッドがブリッジしひゃうよお゛お゛お゛ぉ!!

ファイナル・デッドブリッジ観て来ましたの。
原題も邦題もわけわかんねえので(私の中で)有名なシリーズですが、やっぱり 5だよ!バーン!! って言われると面白かった。
 
 
 
あれ一体なんでああ言うかんじなんでしょう。
前述の日記で前にも言いましたがまぁデッドコースターからファイナル・デッドコースターまでの流れは解るんですが…。
 
 
 
 
★ファイナル・デスティネーションシリーズ、映画名の推移★ 
 
 
(邦題)
1作目 ファイナル・デスティネーション
2作目 デッドコースター
3作目 ファイナル・デッドコースター
4作目 ファイナル・デッドサーキット 3D
5作目 ファイナル・デッドブリッジ
 
 
まず邦題ですが、一見すると、3作目から唐突にキーとなる舞台名をタイトルに入れて来たのと、
デッドコースターの次にファイナル・デッドコースターが来てコースターかぶせて来たのが気になりますが、
後者については、勝手にデッドコースターって邦題付けたら次作で内容にジェットコースターが出て来ちゃって
はわわ><かぶせちゃおう>< ってなったんじゃないかなと推測出来ます。
 
 
舞台名をタイトルに入れるのもどうなの?そもそもずっとそこに居る訳じゃないんだし? とも思いますし、
ファイナルって言うのもデスティネーションに付いてなけりゃ単語として意味がわかんなくなるし、
じゃあ1作目はファイナル・デッドエアプレインとかエアクラフトとかになっちゃうんじゃ…、語呂わるっ! ってかんじですが、
そこはわかりやすくてキャッチーなワードを選択したんでしょう。
 
言っても邦題なので、なんてつけられてようが納得は出来ます。
 
 
 
 
(原題)
 
 
1作目 Final Destination  (邦題 ファイナル・デスティネーション)
2作目 Final Destination 2  (邦題 デッドコースター)
3作目 Final Destination 3  (邦題 ファイナル・デッドコースター)
4作目 The Final Destination  (邦題 ファイナル・デッドサーキット 3D)
5作目 Final Destination 5  (邦題 ファイナル・デッドブリッジ)
 

本当に気になるのはこっちです。
何故 The を挟んだ。
 
まぁまぁ、こんなこまいツッコミしてたらキリが無いって言うのも他にももっと在るだろって言うのも、在るんですが、
やっぱり気になります。 気にし始めたら気になります。
 
 
5作目がふつうに5に戻ってる事からも想像はつくかと思いますが、
The Final Destination 、 正直、 The がつくような内容の話では在りません。
何かを焼き直しただとかシリーズの重要な岐路で在る展開が在るとか、新事実が発覚するとか、一切在りません。
いつも通りに皆死ぬだけです。
 
 
 
 
 
 
 
まぁそんな訳で、もうタイトルの話はいいか。
内容について。
 
そもそもこのシリーズは要するに人が死ぬだけ、解決しないし毎回全死に、それだけの映画だと思っています。
1作目DVD特典だったかの高尚()なラストとかは要りません。
 
グロテスクな映画かと思いきや、別にそんなにグロくは在りません。
誰もがよくミンチになりますが、 単純に \バーン/ ってなるだけで、 グロやで!ドヤァ!!としつこく押し出しても来ないので、普通です。
痛いかんじもしません。
 
それでストーリーも結末もずっとほぼ同じ、これでは未見の方にくそつまらない映画だと思われてしまいそうですが、おもしろいです。
 
 
 
天丼ボケと似たようなものだと思います。
毎回人死んでたらおもしろいじゃないですか。 面白いですよ。
 
 
 
 
今回唐突に出て来た新ルール、
他人を殺せばその人の寿命が貰えちゃう>< については、
じゃあ大量殺人鬼になれば永遠の命を手に入れられるのかよ! と言う話ですが、
このルール自体、貰ったけど貰った相手の寿命が大した事無かったよーん^^ オチの為に用意されただけのものっぽいので、どうでもいいです。
 
 
そう言えば、2作目だったかで在った、
死の運命の辻褄合わせの死の現場に居合わせた者に死の運命が伝染る、みたいな話は、一体どうなったんでしたっけ。
あれあの話で …と思ったけどそんな事は無かったぜ! って片付けてたっけ?
 
そのルールが生きていたとしたら、人類なんて即滅亡すると思うので、どっちみち無かった事になったんでしょう。
 
 
 
 
 
ファイナル・デッドブリッジでよかったところ!
 
 
・何の為なのか橋を落とす為なのかと言うわけのわからない工事をされてしまうブリッジちゃん!
 
なんですかあの大穴。
 
 
・ピーターが大暴れ。
 
ああ言う大暴れするキャラは理解も出来るしいいと思うんですが、
ピーターがキャンディスをまぁまぁそこそこでも本当に愛していたらしいと言うのがわりと驚愕の事実でした。
 
 
・この犯行はレーシック手術に怨みの在る奴の仕業です。
 
日焼けサロンだったり、マッサージ店だったり、お店の人はちょっとかわいそうですよね。
店側にも落ち度は在っただろうと言う場合も在るけど、そう言うレベルの話じゃないし。
 
 
・明らかにピーターを刺す為に存在する肉焼き棒のようなもの。
 
 
・全く活躍出来なかったオリヴィアの無駄乳。
 
 
・どろぼうアイザック。
 
 
 
 
 
 
 
ブラッドワースの台詞に在る過去の人物の話がアレックス達以降の人の話なら、ストーリーがループしてるとも考えられますが、まぁそうでもないのか?
 
あと、ルールの推移についても。
ブラッドワースが教えてくれないと言うだけなのか。
 
 
死を贈るルールは、突き詰めると普通の殺人ゲームになっちゃうので、もう消えて欲しいよ!
 
 
 
綺麗に終わっちゃって、あれ?もうファイナルデスティネーションザファイナル? ってかんじですが、まだまだ続いて欲しいです。
どんどんかぶせてかぶせてみんな死んでけ!
 
 
 
このシリーズの一番いいところは、製作側も売れてる限りはどんどこかぶせてくれそうなところです。
だから見てない方は是非劇場に足を運んでブラッドワースのドヤ顔を見てやってくださいね!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうでもいいけど、私の好きな前作のハントちゃんはただ尻から  \バーン/  ってなっただけだと思ってましたが、
調べてみたら肛門から内臓を吸い出されて \バーン/ ってなったのだそうでした。
そうだったのか! 新事実!!




あいつが可哀想

ファイナルデッドコースターで思い出しましたが、
 
冒頭で主人公(女)の友達(女)が自分の彼氏の事を
「あいつとはそろそろ別れようと思ってんのよね~、まぁ学校を卒業するまでの付き合いってかんじ?」
呼ばわりで、あら可哀想と思っていたら、
(※因みに卒業旅行で来た遊園地のファイナルデッドするコースターに乗る直前)
 
彼女がグチャッとおっ死んだ後に件の彼氏が
「おれ…、学校を卒業したら…、彼女と結婚するつもりだったんだっ><。。」
とか言い始めて、これがシリアスな笑いか…、と思いました。
 
 
でも、そいつ主人公の事を気に掛けてくれたり助けようとしてくれたりで割といい奴なんですよね。
 
因みに、当の主人公からは あんたとは合わねえのよ、ほっといて!! 扱い。 せつねえ。
合わないって言うのは彼女の言(愚痴)から取ったのかも知れないけど、流石に最初の彼女の台詞は最後まで伝えてませんでした。 伝えてたら鬼畜いよね。




尻のミンチに合掌ニャ!

こんにちは、好きな映画は人死にが出る映画な私です。
死ねば死ぬ程いいし、グロ死すればグロ死する程にいい。 言ってて自分でもあたま悪過ぎると思います。
次点はアニメ映画です。 小学生である。
 
 
そう言えば、ファイナルデスティネーションからサーキットまでを此処一ヶ月くらいで見ました。 最初の以外初見ぽかった。
あれ邦題の付け方がパロディ映画がナチュラルに入り込める程にバラバラでちょっとよく解らなかったんですが、
見てみたらファイナルデッドコースターにコースターが出て来てそりゃコースターにしなきゃいけなかったよねと納得しました。
その次のにもコースターが出て来たらどうするつもりだったんだろう。
 
その次のTHEで今度は原題の方がよく解らなくなった訳ですが。
いつも通りの内容だしTHEって付ける程でも。 更に言えばTHEの次は5になってるっぽい。 4でよかったくない。
 
 
 
このシリーズはミンチ度もまぁまぁだし、どうせ皆死ぬからハラハラ感も無くて好感が持てます。 後味いいよね。
 
いつ彼等はとっとと順番に死んだ方が楽だと言う事に気付くのでしょう。
そんな簡単に死んでられねー気持ちは解るけど死のうか死ぬまいか葛藤するとか在ってもいいと思うよ。
 
 
私の好きなキャラはどうせ死ぬならファックしまくってやんよー!ヒュー!! って言ってどっか行って尻からミンチになったあいつです。




お手々のゴアとゴアを合わせてデップ

リメイク版エルム街の悪夢は風呂でまんこから手が出て来るところもタイミングが早過ぎると言うか、
すぐ引っ込んじゃってつまらないのですが、
同じにしたらしたで同じじゃねーか!って言われるんですよね。 リメイクむずかしいのね。
 
 
いま自分の説明が下手でびっくりしました。
まんこから出て来た訳では…、ないかと思うけどよく見えなかったから本当はまんこから出てるのかも知れないよ。
 
女性器生命の神秘。
そりゃ鉄の爪くらい出て来ますでヴァギナ・デンタータ。 (語尾)
 
それであのこが 「私がクルーガーを産んだ!」 って言ったらよかったんじゃないでしょうか。
何が。 リメイクがです。 フレディの種的な。 ちがうか。
 
 
でも、エルム街の悪夢(2010)も割とよかったと思うよ!
動画の男の子がゴゴンッてなるところがなんかすごいびっくりした。
途中まで貞子みたいないらん設定付けられるのかと思ってたけど、やっぱりフレディはフレディでよかった!
 
別に貞子の設定に文句は無いけど、ああ言う手合いの設定をフレッドさんに付けるのは違うよねって話です。
 
 
どうでもいいけど、百合川サキより子供好きなフレディが死後はどうして割と年齢層高めな標的ばかり狙うのだろう。
子供を八つ裂きにするシーンが映像的にNGなのでしょうか。
単純に映像的に面白味が無いからか。
 
 
あと、フレディって死後は立派なフレディだけど、
生前だけ見ると本人の活躍よりも出自の方がホラーなかんじです。
修道女が刑務所収容精神異常者達に何百回もレイプされて生まれた子。




ゴアゴアデップ

ここ二ヶ月くらいは月産10枚くらいくらいのペースで同人誌の原稿を描かせて戴いていました。
いまくらいくらいって普通に打ちました。 その前にもくらいが在ってくらいくらいトロイメライですね。
 
言っても自分の同人誌じゃないので、良く言えば無責任、悪く言えば好き勝手に描いて楽しかったです。
手は抜いてないけどね! なんだかんだ言って人様の同人誌の原稿が一番気合入る気がする。 友情パワーです。
友情パワーで好き勝手…、ごめん。
 
 
二次創作では蘭堂ニコレなのでちらほらその感想が戴けて嬉しいです有難う御座居ます。
御手数掛けまして申し訳在りません。 こんなサイトでごめんなさい…。
 
エロから恐竜まで、趣味が色々在るので、と言っても別に趣味が広い訳でも無いんですが…、ニッチとニッチの隙間産業的なアレで…、なんか…、うん。
好きなものでも言われないと描かなかったり言われても描かなかったりするので筆で語るの難しいです。
 
 
 
 
そう言えば、タイバニどうですかって訊かれたんですが観てます。 おもしろいです。
 
緑髪の女の子の見た目がかわいいと思ってたんですが、一話でオープニング観て中にふつうの子が入ってる事を知りがっかりしました。
あと、あのこの両親なんで語尾にアル付けてたんだろう。 本人は言ってない。 銀魂神楽の逆バージョン。
 
 
アニメはずっといろいろ割と観てます。 HDD録画べんり。
 
ところで、4話くらい観てこれゴミクズの様におもしろくないな…、もう二度と観ない。 と思ったアニメがネットで高評価を受けているのを見ました。
自分の感性が全否定されてる気分です! 興奮する!!
 
わりとひよる方なのでその後また録画して見てみましたがやっぱりおもしろくなかった。
まぁ、アニメなんてオタクに掛かればどんなものでも一部には高評価を受けるんじゃないの。
何を偉そうに言っているのだろう。 ニッチとニッチのくせに。
 
 
 
いま一番面白いと思ってるのはわりとずっとオーズ。 アニメじゃないけど。
とても新しい後藤くんがびょんびょんゴリゴリ(建物に当たる音)してるところでエルム街の悪夢の最初に死ぬ女の子の死に際をを思い出した。 なんとなく。
ぐるんぐるんゴンゴンブシューみたいな。
 
 
リメイク版でもあのシーンは在ったけど、オリジナル版の方がよかったと思う。
 
リメイク版では空中でぶんぶんゴンゴン(壁や天井に当たる音)部分が長過ぎてなんのシーンだったかちょっと忘れそうになる。
おもしろいと言えばおもしろいけど。 それとも体感的な問題で、前に見た事が在るから冗長に感じたのか。
 
 
オリジナル版はジョニー・デップの映画初出演作だったと思いますがデップの役は3回寝過ごしてグロ死するアホの役です。
でも、あいつの死に方が一番好き。 血が増量しすぎで。 跡形も無いし派手だし。
ゴアゴアスリープベター死のベッド!
 
あいつアホだったけどあそこまでぐちゃぐちゃミキサーされる程に悪い奴では無かったよね。 DVD版では石田彰らしいし。
いや、フレディに殺されてる奴は殆ど別に悪人とかでは無いんだけど。 誰が悪いかと言えばフレディが悪い。 ベッドも別に悪くない。
 
 
 
しかし、フレディの能力的に、獲物はベッドで死ねる確率が高いですね。
ジャパニーズテイストで言えば畳の上で死ねたかんじです。 ゴアで後片付け大変そうだけど。




ピタゴラ・スイッチ♪

6の興行成績がアレだったから7・8まとめでファイナルなんだSAWですが、
そのファイナルをあんな意味の無い3Dにしたら余計爆死するんじゃないの、って言う話。
 
3Dだから観てみようって新規の客層が見込める映画でも無いし。
いや客SAWか。 やかましいわ。
 
 
 
 
 
ソウザファイナルの見所は首筋をハサミでぶっ刺されても死なないホフマンさん(無職)です。
死なないどころかかすり傷程度のリアクション。 ホラーでした。
 
 
まぁこれは前からなんだけど、ホフマンが居るところだけ別の映画って言うかゲームってかんじです。 ひとりアサシンクリードです。
ホフマン無双猛将伝です。
 
妹を殺された仇討をジグソウの犯行に見せかけて行った事からジョンに仲間に引き入れられた元殺人課所属刑事、
と言う設定を憶えている人はどれだけ居るのだろう。

もうただの面白暗殺者です。 何もかもを力技でどうにかし過ぎ。 好き勝手やり過ぎ。
顔面くぱぁからも逃れられるし何でも力技でどうにか出来る辺り実力者では在るのですが。
何の実力だよ。
 
彼の信条は 「やられたらやり返す」 なんでしょう。
ある意味ブレの無いキャラ。 そもそも妹が殺されたからってしれっとあんな殺しを出来る時点で異常だよね。
 
しかし、萌えキャラです。
別に複線でも何でも無いところにストラムの指紋を残す為に千切れた手首を常備する茶目っ気も在ります。
車のトランクに載せてです。
用意周到なのかバカなのか解らない! まぁバカだけど!!
 
 
ジルちゃんもジルちゃんでジグソウの妻!ってだけでずっと引っ張って来た割にメインに回してみれば小者だった。
それはそれで萌えでは在るんだけど。 ホフマンにびくびくしてるジルちゃん可愛かったよね。
そりゃあんなのに命狙われてたらこわいよね。
 
でも、やっぱりジョンが居なくちゃSAWは終わりですよね。
言っても4で終わりですよね。 そしたらホフマンが大物っぽく見えちゃうんだけど。
ジルちゃんとホフマンがゲームやってみたりギーギー殺し合いしてるのはなんかまた別のものだ。
個人的には好きだけど。
 
 
ゴードン先生は公開前に出演する情報が流れた事と足を焼くシーンさえ無ければ良かったのに、と思いました。
その二つが在ったらSAWシリーズを観ていた人になら殆ど誰にでも予想出来るラストがファイナルのラストで残念です。
生死不明者リストがわざわざ出て来るところもそれに拍車を掛けて冗長に感じられた。
 
今後あのリストの人間を一人ひとり当たって死ぬまで追い掛ける続編を作ってくれたらいいのに。
いつまで経っても終わらないSAWスパイラル。 だったらいいのにな。
 
 
て言うかゴードン先生と愉快な仲間たちはジルちゃんをどうして助けてあげなかったの。
連れションでもしてたの。 ジョン無念。

 

 
後は、皮剥ぎピタゴラ☆スイッチゲームとか面白かったです。
あれはもう出た瞬間から失敗すると判り切っているゲーム。
だって成功しちゃったらどうピタゴラってスイッチるか見られなくて観客ブーイングものだし。
 
個人的には中身の色は皆オナジ!って言うなら
ネグロイドモンゴロイドの皮剥きサンプルも用意して欲しかったです>< 
 
 
 
失敗って言うか今回全てのゲームが失敗だったんじゃ…、いや冒頭の三角関係は成功か。
どっちかが裏切るに決まって…ナカッター!
うまくメスブタをちょん切るところなんかは感動ものでしたネ。
女はもうコリゴリだ~! 俺達二人で仲良く暮らして行きます!!
 
いいかんじに希望に満ちたゲームエンドだったと思います。 SAWにあるまじき爽やかな結果。
 
と言うか、あの男達って別になんも悪くなくなくない?
 
 
 
 
公開初日に見た SAW THE FINAL の 話。
SAWが終わるなんてそんなまさかです。 死にたい。
 
て言うか複線回収してよね! 複線って言うか途中で無かった事にされた事も回収してよね!!
パズルピースの形に肌が切り取られてた辺りとか。
 
私は最後の最後まであれで出来上がったおもしろパズルが出て来ると信じていたのに。
 
 
メイン被験者にサブ被験者が居る連動型ゲームも流石にこう連続すると飽きるよね。
って言うのも在って、ファイナルは妥当な線なのかも、とも思います。
でも、悲しい! もう映画なんか観ないなんて言わないよ絶対!!




5 / 6« First...23456

TOP > 映画感想

検索




連絡先
メールフォーム 
WEB拍手(コメント送れます)

トップページへ戻る
Cosmic★Prison





PR




アンケートモニター登録


Return to page top

モドル


mogura